野球における効果的な配球

試合の序盤、配球において大切なことは、投手の持ち球の中で使える球と使えない球をしっかり見極めることです。 使える球の基準は捕手によって少しずつ変わるようですが、2イニングほど投げ、使える球を見極めるしかありません。

ストレートの場合、ミットに当たったボールの音や衝撃の大きさ、投げたボールが打者の近くで伸びる感覚があるかなどを見極め、使える球を判断します。

使える球を判断している間に、試合で4点も5点も失点するようでは元も子もありません。 外角や打者のベルトより低い位置に投げ込むと、打たれても長打になり難いでしょう。 また、不安な球種はボールゾーンに投げるのもよいでしょう。

ピッチングの組み立ては、「使える」と判断した球を軸に組み立てていきます。

ストレートが走っていると、ストレート中心に組み立て、変化球がよければ、ストレートを見せ球に、カウント球や決め球に変化球を使います。

明らかに配球を読まれたり、続けて打たれたりするまで同じ攻め方で大丈夫です。 しかし、1巡目はストレートで追い込み、スライダーで打ち取る、2巡目は変化球で攻める、3巡目は緩急で揺さぶるなど、打者が一巡したら組み立てを変えるのがセオリーです。